--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

10.26

山本優弥が弱すぎて吹いた

メンバー最弱の称号に恥じない戦いっぷりだった。

相手は、ペトロシアンだ。
俺が前に「リトル・バダハリ」と言った相手だ。
高速のパンチとキック、圧倒的な動体視力、冷静な戦い方、正確無比なコントロールを備える質の高い選手だ。
良さが弱点を消している理想的なスタイルで天才肌だと思う。
ただ、こういう選手は肉団子のような圧力系に弱かったりする。
顎も細いし、もし当たったら倒れるだろうね。

こんな相手に山本は何を血迷ったか、距離をとって外から戦っていた。
しかもほとんど攻撃せずに『静観』に近い状況だった。
技術差は比較にならない程の壁があるのに何を考えているかわからない。
カウンターでも取れると勘違いしているのか?
山本が蹴りだしてからペトロシアンが蹴り出してもペトロシアンが先に当たる位スピード差がある。
もはや、外からペトロシアンに打撃を与えるのは不可能だ。
ノーモーションのハイキックやストレートにまるで反応出来てないのにガードは下がってるし、勝つ気はまるでないようだ。
どうやって相手を追い詰めるかイメージが出来てるとはとても思えない。
パワー差は技術差でカバーでき、技術差は接近戦でカバー出来る。
圧倒的実力差の相手に接近戦は度胸が必要だが、山本にはそれはなかった。
全てにおいて能力値が圧倒的に足りない山本に勝機があるとしたら、ガンガン中に入ってぶん回すしかない。
それをやらない時点で勝負を捨てていた。
というか、むしろビビって距離とっていた。

山本って、演出過剰な面があって個人的には嫌い。
相手が弱ったり何かあると、俺強ぇぇぇぇぇってアピールしながらスゲー頑張るけど、相手が強いと萎縮しちゃってもうダメ。
ペトロシアンに1発でも良いからクリーンヒットしてほしいよな、決勝相手がかわいそう。
だから日本人って理由で無駄に勝ち上げるのやめてほしい。
パワーバランスが崩れて面白みが欠けるよ。
クリーンヒット一発も当てられないってどんだけ差があるんだよ。
ヨーロッパ大会予選に出ても2回戦に進出出来るかどうかって実力なのに日本大会で保護されてるからなぜか出場出来ちゃうんだろうね。
日本人も海外大会予選に出るべきかと思う。
地域格差が激し過ぎる。

独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。