--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

11.17

オートロックの恐怖

今借りてるマンションは完全オートロックシステムを採用している。
オートロックと言っても簡単に侵入出来るタイプの安価なマンションは意外と多い。
というのも、非常階段やら階段面と外部が接しているので、いくら外壁を作っても乗り越えて侵入出来るのだ。
だが、今のマンションは外壁と階段が接する部分が無く、また内廊下(廊下から外が見えない)のため侵入が事実上不可能。
そして、マンションに入るにはオートロックを解除しないと入れない仕組みになっている。
最新タイプでは、完全個別オートロックシステムと言えるものがある。
それは駅の自動改札と同じシステムを採用しており、鍵またはタッチキーで開錠しても一人しか入れないようになっている。
以前のどのタイプでも大きなガラス扉などが開くため、一度に複数人入れる。
そのため、鍵を持っていなくても誰かが開けるのを待っていれば入ること自体は可能だった。
まぁ、ずっと待っている人間がいて、開けたと同時に入ってこようとしたら注意して入れないけどね。
揉め事になるなら速攻で警察呼べば良いだけだし。

そういう一定の安全を保証するオートロックシステムなのだが、時に牙を剥くときがある。
そう、鍵を忘れた場合だ。
一人暮らしの場合、鍵を忘れた時点で入る事が出来ない。
それだけは避けたいと注意していたのだが、この4年半で2回もやらかしてしまった。
1回目は、鍵を別のキーホルダーでまとめて持っていたのだが、そのキーホルダー毎家に置き忘れて出てしまったのだ。
この時は何とかやり過ごせたから良かった。
そこで、二度と同じ間違いをしないようにするために絶対に忘れない方法を考えた。
家を出る時に「絶対にこれだけは持っていく」ものってなんだ?と思ったら財布だった。
なので、財布の小銭入れに鍵を入れることにした。
これ以降、その間違いは起きないと思っていたが、ぷらっと近所のスーパーやらコンビニやら薬局やらに買い物をしようと出掛けた時の話だ。
イチイチ財布持っていくのも重いから最近ではクレジットカードとオートロックキーと玄関キーの3つだけを持って出るようにしていた。
大抵、そういう時はジャージだったりをはいているから帰ったら何よりもまずポケットに入っているクレジットカードとオートロックキー、玄関キーをすぐに財布に入れることを徹底した。
それから買ってきたものを仕分けしている。
所が、それをやらなかった時が一度だけあったのだ。
普通、三点セットを忘れていれば玄関キーが無い事に気付くから何とかなると推測出来るのだが、たまたま玄関キーを持っていかずの二点セットだったため、忘れた事に気付かずに外出してしまった。
帰って来たのが24:30だったので、管理人なども居るわけもなく青ざめた。
どうしよう・・・
待っていても住人は全然帰ってこないしそのうち終電になるだろう。
それでも帰ってこなかったら絶望的だ。
寒いしとりあえず家に入りたい・・・
更に時間が経過し、24:45になった。
大家は企業だから電話対応などあるわけもなく、また奇跡的に繋がったとしても絶対に動くわけがない。
もう仕方ない、玄関先からインターフォンのコールをして事情を説明して開けてもらおう。
それしか手立てがない。
家族世帯の階と独身世帯の階で別れているから、家族世帯の階で郵便ポストに名前が書いてあり、さらにNHKマークなど張っているちゃんとした家からあたった。
だって、独身男や独身女ならモニター見て知らなかったら無視するのは当たり前だと思ったから。

もう、全っ然応答がない・・・

これは絶望的過ぎる。
恥を忍んで10戸以上コールしたが、音沙汰無しだ。
今日は金曜だからこの時間でも起きてるとは思うんだよねぇ・・・が半分、こんな時間にごめんなさい・・・が半分の気持ちだった。
それでも時間が経ち、25時過ぎとかになれば更にひんしゅく指数も上がり応対してくれる確率が下がるから早く見つけないとって焦りの気持ちが強かった。
寒い中、家を目の前にして野宿はないよなぁって気持ちは今でも憶えている。
コールする戸数が20を超え絶望的な気分となり、もう家族階は諦めた。
独身階に突入しても一向にスルーされっ放しだ。
だが、28戸目位でようやく出てくれた男の人がいた。

助かった・・・

事情を話したら開けてくれた。
本当に感謝の気持ちで一杯だ。
近所付き合いが無いというのも困ったものだね。
4年半で、たったの2度のミスでここまで困った。
もう絶対にミスを犯さないようにしようと決心した。
家族などがいる人は絶対に同じミス犯してるけど助けられてるんだろうな。
もし、これが帰って来たのが真夜中の27時とかだったらさ、もうコールも出来やしないよ。
じゃあ、朝の5時までコンビニとかで立ち読みしてる?って電車じゃないんだからいつ開くかもわからんねって話!
数時間程度なら時間潰せるが、いつ開くかもわからないのがオートロックだ。
まぁ、出入りの多い時間帯なら大丈夫だろうが、それってオートロックの意味ないじゃん・・・
何だか複雑な気分だ!
まぁ、正面に防犯カメラが何台もあるから容姿はバッチリとらえてるとは思うけど。。。
あと、数時間過ごした場合の最大のデメリットはその日が完全に潰れることだ。
満足な睡眠など取れず、ようやく家に入れても既に朝~昼でしょ。
そこから睡眠とか有り得ないし、睡眠取らずに遊びにいっても顔には疲労感漂うだろうし、次の日が会社だったらどんだけ仕事効率落ちるんだって恐怖感が凄い。

このコールに出てくれない間に色々考えたよ。
ヒッチハイクのように紙に「住人です。鍵忘れました。」とか書いてみるか?とか、お願いしますとお祈りしてみるとか・・・・・・
でも、なんかそれも恐いよね・・・と思って出来なかったりした。
しかも、モニター見てくれているかどうかさえ怪しい。
だって俺の場合、コール鳴っても面倒だから基本無視だしモニターなんてわざわざ見にもいかない。
こんなダメ人間が多かったら絶望的だと思う。
大抵、郵便物だとポストに何か投函されてるからそれ連絡してって二度手間・・・ダメ過ぎる俺。
相手のタイミングでこっちが動くのが凄く嫌で、こっちのタイミングで動きたいってのが理由。
だから、郵便物は保管している建物が多少遠くても散歩がてらに自分で取りに行ったりする事はよくある。

やっぱり、常に三点セットにしておける状態にしておかないと、だね。
玄関キーを忘れた時点で気付く事が出来るから。
ちなみに、同じような人がいるようで、特にレスが多かったのがコレ
ttp://www.jineko.net/forum/%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%AE%E5%BA%83%E5%A0%B4/126532/

やっぱり、シカトが一般的なんだなぁ・・・
まぁ、回答者が女性だから特になんだろうけどね。
あれだよ、住人カードが欲しい。
それは住人しか持てないカードで、それを提示すれば一定の信頼度があるとかさ・・・
何の権限があるわけじゃないが、最低でも住人であるという保証が出来るのは便利かも。
それがあれば、オートロックで一緒に入ってくる人に対して「カードありますか?」と言いやすくなり、習慣化しやすいんじゃないかな。
それよりもなによりも24時間体制の管理人が欲しい・・・

このブログ、凄い・・・
日本て安全で素敵!!
カギを忘れて・・危機一髪でした。 - 【Yuyas Weblog】


独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。