--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

12.21

M-1グランプリ 2009

一度も笑うどころか、くすりともしなかったんだけど。
これが過去最高の出場人数の結果なのかと思うと芸人って大した事ないんだなぁって感じ。
笑い飯の鳥人の発想は結構良かったのだが、その鮮度と面白さを終わりまで保つ事が出来なかったのは残念だったな。
南海キャンディーズは漫才じゃなくてコントだから対象外の上にストレスを感じた程のイラつきを覚えた。
ナイツ、ハリセンボンは想像通りで無関心。
ハリセンボンの春奈は「芸のために男を作りません。」とか「男なんか作ってるなよ!」と相方に言っていたがトチってたのは春奈本人という点やいつも感じるあのキレ芸がイライラした。
東京ダイナマイトの金髪のヤル気無さには驚いた。
ハライチだったと思うんだけど、「来る途中に小さな・・・」と言っていた時は「おぉ!」と期待値が急上昇したのだが、「犬が・・・」と続き、もう一瞬で興味が冷めた。
なぜそこで、松っちゃん被りで「おっさんが・・・」とか「妖精が・・・」とか言えないん?
センス無さ過ぎの上にスゲーつまんね。
あまりのつまらなさに脳死状態に陥り爆睡モード突入!
起きた時はノンスタイルのネタ終わり間際。
「あ、このパターンのネタ知ってる・・・」
またウトウトしてきた。

決勝前に彼女に起こされると、勝ち残ったのは「笑い飯」、「ノンスタイル」、「パンクブーブー」
『パンクブーブー!?』
なんだコイツ?
結構面白かったと教えられのだが全く期待はしていなかった。
ノンスタイル:もうマンネリ・・・直前とクリソツじゃん
笑い飯:あ、ダメだ・・・ツマンネ
パンクブーブー:弟子入り志願側の態度が生意気で面白いとかそんなん前にイライラしてきて「嫌い」という感情が・・・

これが決勝戦なんだね。
パンブー、いやバンブーの方が言いやすい。
大型猿のバブーンの方が見た目シックリくるぞ。
で、消去法でバブーンが優勝した訳だが、勝った要因は「新鮮さ」と「周りがコケた」の2点だけだ。
決して実力ではない。
そして彼等になんのオーラも感じない。
安価であり2009王者ということで呼ばれやすいが決して売れるとは思えない。
まず売れないだろう、それが直感!
左側のゴリラ風だけど、顔が気持ち悪くて生理的に受けつけないんだけど右もヒドいね。
バブーンには華がない。
M-1で最も面白かったのがサンドウィッチマンでブラマヨも相当面白かったが他に名前が挙げられない。
ちなみに、M-1に出場したコンビで好きなのは「サンドウィッチマン」、「ブラマヨ」、「タカトシ」、「トータルテンボス」、「オードリー」かな。


ちょっと一言/雑談トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。