--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

01.02

景気回復政策

バブル崩壊から18年経った去年、ようやく景気回復してきつつあった矢先にリーマンショックを発端とした世界大恐慌により円高不況が発生してデフレスパイラルを招き更なる不況に陥った。
もはや日本人はこれ以上の不況に耐えられない所まで来ているのではないか?と思えるが、自殺者や倒産件数などの統計を見ても過去最低とは程遠い数値ではある。

日本における個人金融資産は1400兆円とも言われ、タンス預金や銀行/郵便預金をしている人数とその額が膨大である。
これがそもそもの不景気の原因である事は言うまでも無い。
このバカどもにいかに金を使わせるかがカギで、それは政策に完全に委ねられている。
このままでは絶対に使う訳がないからだ。

自民党が長年「企業へのバラマキ」を行い、民主党が「一部国民へのバラマキ」を行う訳だがこんな事しても何の結果も出せるはずがない。
民主党の補償という名のバラマキ行為には本当にガッカリさせられた。
ホント、ビックリするわ・・・
一律補償なんてバカな事は本当にやめてほしい。

慎重や不安ばかり感じやすい日本人が金を使うには、「金が安定して入ってくる事が保証されている場合」と「周りがジャブジャブ金を使っている場合」と「将来性が安定している場合」だろう。
これを考えると麻生が行った低額給付金ほど無意味なものはない。
税金を使ったにも関わらず、貯金されて終わりという形が妥当だろう。
だから選挙対策だと酷評されるのだ。

基本は『努力する者だけが報われる制度』で、超低所得者への『最低水準保障制度』を併せる政策で良いのじゃないのだろうか?

■努力する者だけが報われる制度
国民:所得税ランク利率×個人消費金額を所得税控除額とし、消費額が多ければ多いほどに所得税が安くする
※貧富の差が広がるため、高額所得者に対してはまた別枠を設ける
※いかに優良国民を多く作り出すかがこれから重要になる
※生活費用(家賃や食品、水道光熱費)は対象外とする
  :質の高い子供を育てると税金を安くし、問題児を育てると税金を高くする
企業:正社員数を多く抱え込む毎に税金を安くし、不正を行う毎に税金が高くなる
  :新しい開発や商品数を企業努力と考慮し、税金を安くする
農業:質の高い生産物を大量に生産毎に税金を安くする

■最低水準保障制度
無努力は切り捨てたい所だが、国が国民を切り捨てると世の中が荒れそうなので死なない程度補償する


だが、これだけだとそこまで消費数を伸ばせないので「将来性の安定」を確保したい。
なので、『国民から搾取する税金を大幅に安くする事を10年間保証する』としてほしい。
税収は大幅に落ちるだろうが、国がかつて無い異常事態なので臨機応変に対応しなくてはならない。
片方では人が死にかけているのに、もう片方では安定した収入を得るって普通考えたら有り得ないでしょ。
「オマエらは北朝鮮か?」と聞いてみたい。
金がジャブジャブのバブル状態ばかり求める公団系天下り組織はまずいらないだろうし、もっと無駄な部分を削れば良いのに有益な部門を削ったりしようとする民主党には価値観のズレがあると思う。

平成20年度一般会計予算
ttp://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/sy014/sy014a.htm

平成21年度一般会計補正後予算の概要
ttp://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/002.htm

平成20年度から21年度の歳入の変化を見ると、「所得税」、「法人税」を減らしている事が分かる。
だが、それでも所得税は全体の15%を占めている。
思い切って7.5%まで減らしてくれないだろうか・・・と感じる。
今は多くの人が収入の20~30%を税金で持っていかれているが、それを10~15%程度に抑えたい。
そのまま貯金に回している人には普段通りの税率で構わないが。
-7.5%減らした分は歳出で調整出来ないのだろうか?
防衛費2.4%と公共事業5.1%を削減すれば出来なくはない。
こんな時代に更に高速道路作ったりダム作ったり建物作ったり必要あるのだろうか?
もっと優先すべき事が沢山ある。
ぽっぽ屋政権も「コンクリートより人へ」と言っている通りそういった部分を削る方針だが、彼等の政策では金は回らないだろう。

■国民から搾取する税金を大幅に安くする事を10年間保証
いくら税金を安くしてもその場凌ぎだと国民は身構えて貯金に走るので長期間の安全保証が必要になってくる。
税金搾取額を減らす事で動かせる金が増え、消費する事でさらに税金が減り消費しない事で税が今まで通りになれば確実に金は動く。
ただし、低税金に甘んじるのではなく10年後には税金を上げると宣言し、それまでの猶予期間でいかに経済成長を遂げるかを目的とするもの。

アメリカは市場に世界中の金を集中させる事によって強力な経済力を誇っていたが、リーマンショック後のアメリカは信用を失い世界中の金が他の市場に分散され手痛いダメージを受けた。
その後、アメリカはドル紙幣を去年の2.3倍も刷りまくりピンチを凌いだ。
アメリカ国民の多くは資産運用に非常に強い興味を示し、資金の多くを株などで保有しているので国民のドル紙幣の価値がダダ下がる事とは直結していないし、ドル紙幣にはそれだけの価値があるので腐っても鯛と言った所だ。
イギリスも1.9倍程度ポンド紙幣を刷ったが、イギリスは完全に沈む船である。
イングランド銀行がある投資家の手によって破綻させられたという歴史的屈辱を受けた。
あの国はもはや過去の国となった。
一方、日銀の発券数は5%程度増えた位だ。
「日本円もジャブジャブ刷りまくれ」と言う人がいるが、そんな事したら壊滅的打撃を受ける可能性が非常に高い。
日本人はタンス貯金や預金などが一般的であり、資産のほぼ全てを日本円で保有しているので、刷れば刷るほど国民の資産価値がドンドンと下がり貧乏な状態に陥り、また『準世界通貨』レベルでアメリカと同じ事をすると信用を失墜する恐れさえある。
それでなくとも中国の爆発的成長によって中国通貨である「元」の価値が上がってきていると言うのに。
ここで日本円の信用を貶める行動を起こしたらアジア共通通貨が「元」になり、日本円の価値は下がるだろう。
だから、「金が不足してるなら刷っちゃえば良いじゃん!」と簡単に言えないシナリオがあるのだ。
日本企業の中でも有名なトヨタは外需率が高いため大打撃を受けているが、元々日本は内需率が非常に高いので海外が悲惨な状況に陥ってもそれ程のダメージを受けていないで済んでいる。
この状況においても日本の失業率は先進国の中でも非常に低い部類なのだ。

■日本企業の保護
自由競争などで海外企業から日本国内に流れてきているが、安価という理由で海外企業に金を流すと日本企業の体力が落ちてきて最終的に自分の首を絞める形となる。
競争相手がいなくなれば、海外企業は一瞬で手の平を返すことだろう。
日本企業の商品を消費する場合の方が優遇されるようにしてもらいたい。

民主党がいかに国民の不安を払拭して金を使っても安全なんだと思わせられるかにかかっている。
暴走せずに迷走せずに頑張ってもらいたい。


政治/時事トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

今年も、子供は見捨てられますか!
 不登校、退学者20万人、精神疾患休職教員5400人。こんな学校に通えば、ひきこもり、ニート、失業者となり、四万人の自殺者が出るのは当然です。
日本国民は、なぜこんなデタラメ教育を許しておくのでしょうか。子供の不幸を見て見ぬふりする堕落した日本人こそ、自民党・官僚政治の愚民化政策が作り出した愚民です。
教育現場から愚民化教育のおぞましい実態を詳細に暴露したのが「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)です。時代錯誤の文科省官僚は、この知識時代に愚民化教育を行い、若者を貧窮させ、犯罪に走らせ、国家衰退を作り続けています。
これは、薬害エイズや薬害肝炎を起こした厚労省官僚を越える大罪です。悪徳官僚への恨みと呪いの声が、親や教師から聞こえてきます。うらめしや、うらめしやと。
今年こそ親たちは目を覚まし、子供を救うために立ち上がるのでしょうか。それとも、薬害肝炎やエイズ、原爆症患者、沖縄と同じに、日本人は子供を見捨てるのでしょうか。

大和:2010/01/02(土) 22:51:23 | URL | [編集]

まず、あなたがどういった原因でそのようになっているか具体例を挙げて明記すべきかと思います。
それとも本の告知かな。

とりあえず、「薬害肝炎やエイズ、原爆症患者」と教育方針とは全く別物であることだけはハッキリしていますよね。
現段階において逃れる事が不可能な後遺症や致命傷に負うものではないですから。
官僚がイカれているのはわかるし国力が落ちるのはわかるけど、薬害肝炎などと同等に扱う事はどう考えてもできないでしょう。
親や周りの人間、本人の問題であり「頭ごなしにこれらを丸暗記しろ」と義務付けられてもそれがどれほど有意義なものかは首をかしげます。
問題は暗記量ではないのはわかっているとは思うけど。
どちらかというと、親の質の向上が最優先ではないのだろうか?
ひきこもりは我慢の限界を超えたらどこでもそういう行動を起こすので、それはタイミングの問題でしかないと思いますよ。
そういう人間は時間の問題なだけでそういう行動を起こすんですよ。
単純に個人のヤル気や問題を他人になすりつけることは恐ろしいと思います。

管理人:2010/01/07(木) 02:11:28 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。