--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

01.26

パソコンが物凄くうるさい

去年の5月頃から7年間ほど使っている2つの内蔵HDDのうち、1つを交換した。
というのもガリガリ煩くなって3年ほどが経過したが明らかにヤバい音がしたからだ。
「ガッガガガッガリッ」という強烈な音だ。
HDDは3年に1度は交換した方が良いようだ。
意外と寿命が短いが使い続けても結構使える。
そして使い続けていたHDDのバックアップを取ってから新しい内蔵HDDを取り付けて戻した。
内蔵HDDは容量にもよるが数千円で買えるので値段的には痛くない。

取り付け後、2週間程度でカリカリと音が鳴り出したので「あぁ、初期不良掴んじゃったなぁ」とガッカリしていたのだが、とりあえず我慢できる範囲だったので放置しておいた。
次第に音が大きくなり、去年の12月頃からは爆音が鳴り出した。
ガリガリガリガリととても煩かったが断続的だったのでまだ良かった。
しかし、年末に差し掛かる頃になるとシリンダーのような金属が回転しているような音が持続的に強烈な爆音を上げるようになった。
腰位の大きさの冷蔵庫の音を遥かに凌ぐ爆音だ。
5倍位かな、とりあえず我慢出来ない範疇だ。
購入した店にHDDを取り替えてもらおうと思ったが、HDDは2つあるので本当に買った方が煩いのか確認してみようとパソコンを開けてみた。
煩いのはHDDじゃなくてグラフィックボードだった・・・。

ずっと交換したタイミングで音が鳴り出したHDDだと思っていたら他の古参パーツだった。
もう8年半は使ってるから色々とお年を召してきているようだ。
グラフィックボードを交換しようと思い、何のスロットかマザーボードを見てみると「AGPx4スロット」だった。
もう古代系スロットでこの規格のグラフィックカードが売ってないんです。
頑張って探した結果、売ってるには売っているのだが当時「Geforce4 Ti4200」を4500円位で買ったのに多少近いものが現在600011000円前後で売ってた。
これは足元見られ過ぎだね。
現在の他の性能や時間経過からすると800~2000円位でもいいはずなのに。
でも、今のパソコンを静かに使い続けるには新しいグラフィックボードが必要なのだ。
どうしても欲しい・・・
というのも今のパソコンのマザーボードにはグラフィックチップが搭載されていないので今のグラフィックボードが壊れたらアウトなん。
画面に何も映らなくなる前にバックアップ取るなりしないとだ。
今年の半ば頃にパソコンを買おうと思っていたが早まる可能性がありそうだ。
だが、捨てるのは勿体無いので2台所有しておこうと思っている。
そんな中、今のパソコンを失うのは残念でもある。
足元を見られつつも6000円出してグラフィックボードを買うしかないのかな。

ダメ元でグラフィックボードを掃除してみようと思った。
とりあえず、取り外してみた。
SH380123.jpg

煩いファン部を分解してみる。
SH380124.jpg

SH380125.jpg

やっぱり汚いのだが、HDDの時から比べるとかなりマシなレベルだった。
SH380126.jpg

エアースプレーでゴミを飛ばそうと試みたが全く効果なし。
歯ブラシでゴシゴシしてみたが意味なかった。
こうなったら水でジャブジャブ洗いましょ。
奇麗になった。
SH01.jpg

他の部分も水拭きしてみた。
結構奇麗になった。
SH380127.jpg

ドライヤーで十分に乾かしてから更に5日程放置して水分を完全に排除した。
水を使っても電気さえ通っていなければ問題なく、次電気を通すまでに水分を完全に消滅させれば使えるようになる。

どれどれ「スイッチON!」


ガリガリガリガリッ・・・

初っ端から音が鳴り出した。
やっぱりグラフィックボードが寿命だったんだな。
やっぱり古代系グラフィックボードを買うしかないのかも。
どうせならメモリ増量しているのを買おうかな。
デバイスマネージャから今のグラフィックボードを見てみると「Geforce4 Ti4200 with AGP8X」となっていた。

AGP8X?

マザーボードのスペックは4Xだけど8Xまで対応してるのかな?
それともグラフィックボードが8Xまで対応しているのか?
とりあえず、マザーボードのAGP動作確認リストに載っているものでPASSしているものを片っ端から探して見るかな。

1つ教訓になったことがある。
パソコンを買った時は、そのマザーボードが対応する周辺パーツを最安値になってから市場から消えるまでの間に複数個買い置きしておけということだ。
次のパソコンになるとCPUは「Core2Duo E8400」辺りで周辺パーツも相応のものだからもはや普通の処理は難なくこなせるはず。
ハイスペック推奨の処理なんてそうそうしないから次のパソコンからは相当息が長いと見ている。
恐らくは15~20年程か。
そうなると周辺パーツは寿命で壊れてくるので替えパーツが必要となる。
今回のように市場に存在しなくなる前にいくつか買い置きしておく事が良いだろう。
マザーボードはちょっと奮発しても良いかもね。
LGA775のCPU対応範囲が幅広いので結構助かる。
Core2Duoが遅いと感じる時代(周りのソフトやアプリがハイスペックを推奨するようになってきたら)になったらCore2Extremeを使うようになるのかな。
まぁ、その時になったらまた考えよう。


独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。