--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

03.23

国内における臓器移植手術に反対

日本人が臓器移植を行う場合、中国やアメリカで施術を受ける場合がほとんどだ。
アメリカよりも圧倒的に安価で済む中国が人気である事は言うまでも無い。
だが、臓器移植を行う国では問題が多く起きているのもまた事実だ。
というのも生きた「臓器」が商品価値になるからだ。

中国では死刑囚などから臓器を摘出しているという事実が発表され、死刑囚でありながら全身縫合された形で遺族に引き渡された亡骸がよくあるそうだ。
俺はその写真を見たことがある。
また、アメリカでは幼児の人さらいが頻繁に横行しているようだ。
それこそ、遊園地でちょっと目を離した隙に子供がいなくなるという事が起きている。
知らない男に連れ去られる前に見つけて無事に救助出来た例もある。

そもそも健全者のリスクを負ってまで臓器疾患患者を助ける必要性があるのか?と疑問を抱く。
患者がいなければ、健全者は健全のまま生きていけるのだ。
患者が健全者の命を脅かしてまで施術してもらってもそれでも健全者よりも生命力は低く、またその先の安全性も保障されていない。
この矛盾した事態を引き起こす原因は、金に物を言わせて強引に臓器移植手術を受ける人間がいるからだ。
街頭に立ち、なにやらアピールして多くの人間から金を恵んでもらい正義の名の下に堂々と渡米している家族がいるが、その臓器はどういう過程で手に入れたか考えた事があるのだろうか?
それとも他人のことなんてどうでも良いのか?

事故や寿命で命を失った場合の臓器ならば、まだ話はわかる。
死にゆく臓器ならば利用しても良いと思える。
だが、現状では「死んでしまうので臓器を下さい」と健全者に欲求をぶつけている。
誰かが開腹して臓器を提供しないと死んでしまうなら、それは天命じゃないのだろうか?
俺はそのまま天命を全うすべきじゃないのかと感じる。
大抵、「臓器ヲクレ」と言う人間は、「臓器を提供しても死なないじゃないか。私は死ぬんだ!」という事をアピールしている。
じゃあ、勝手に死んだらどうでしょうか?としか思えない。
自分の事しか考えられない人間は別に必要としていないので安心して天命を全うして欲しいと願う。
それに納得いかないならば視点を変えてみよう。

貴方は誰に対して慈悲を与えた事がありますか?

ほとんど全ての人間はそんな事しやしないのだ。
今まで何も考えた事ないくせに自分が悲惨な立場に立たされたら急に喚き散らすなど、愚の骨頂だ。


貴方は毎日数百万の命を失っている畜産動物に対して慈悲をかけた事はありますか?


きっと貴方は食べる欲求さえ満たせる事が出来るなら、畜産動物の命なんて何とも思わないよね?
それと同じだと思いませんか?
貴方がそうであったように、他人は「他人の為にわざわざリスクなんてコレっぽっちも負いたくない」んだよ。
それが貴方が行ってきた行動なのだからね。
だから臓器を与えられる機会があったとしても臓器を渡すかどうかは別問題なのですよ。
渡せるから渡さないといけないという訳でもないし、その義務もない。
俺は間違いなくドナー拒否カードを持つだろう。
なぜなら、臓器を渡して生きながらえたらきっとこれまで通りに畜産動物に慈悲をかけずに食い漁るだろうからだ。
なぜ大切に育ててきた臓器を肉食動物に渡さなければいけないのか理解に苦しむ。
本当にこういう人にだけ流し、そういう人が該当しないなら廃棄してほしいという尊厳ある行く末を保障してほしいと思う。

臓器提供のための手術も安全とは限らない。
後遺症が残る例もあり、臓器を摘出するという事は不自然な行為なので、確実に生命維持活動に大きな影響を及ぼす。
そして、筋肉層を切断するという事は筋肉の破壊を意味する。
努力して良い状態の筋肉をつけたものをなぜ壊されなければいけないのか?
理解に苦しむもう1つの点だ。
また、提供側は一体どのような補償を受けているのだろうか。
もしかして、現在でも無償なのだろうか?
もしそうなら、得をしているのは医者と患者だけだろう。
俺がもし提供してくれ!と言われたら断り続けるだろうが、「妥協出来る条件を提示して」と言われれば以下の点だろう。

・ベジタリアンになること
・命の尊さを知ること
・死ぬその日まで一人でも多くの人間に命の大切さや現実に起きている悪行を理解させること
・常に努力して自分の細胞を思いやること(タバコや酒ばかりの日々など論外)
・最低でも5000万円は出せること

それが最低限妥協出来る条件だろうな。
それが出来ない人間に別に生きて欲しいとは願わない。
ただ、以下の内容であるならば、それだけで承認出来る。

・世界や文明、人間の生き方を大きく変えられるだけの天才

つまり、相手の価値によって決まるんじゃないかと思う。
現状の「誰に渡るか教えないシステム」じゃ、有り得ないと思う。
そして、臓器提供者へのメリットが無い点もどうかと思うが。
多分、「所得税などの税金が死ぬまで免除」とかだったら物凄い人数が手を上げるだろうと推測できる。
まぁ、それを患者が負担するって手もあると思うが、後は患者側の努力次第じゃないだろうか。


--------------
一部の関連情報

ttp://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2634459/4496756
ttp://www.j-cast.com/2009/02/22036175.html
ttp://tuki.cocolog-nifty.com/happy/2009/04/post-4029.html
ttp://www.bengo4.com/bbs/read/3750.html
ttp://oshiete1.watch.impress.co.jp/qa2121081.html?check_ok=1

中国での命はとても軽い




こんな臓器を移植されたらどの道長くないな。



警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。