--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

03.25

カスペルスキー

ウイルスソフトはここ3年程ずっとノートンを愛用していたが、数日前に期限切れになってしまった。
ノートンは優秀だが如何せん重過ぎるという陰口を叩かれ続けてきた。
確かにノートンは重いと思う。
また、ガッカリする点がいくつかある。

たまにFireFoxの通信に毎回許可を求めてくる
→基本的にタブが5~6枚あるので、1回で5~6回の許可を求めてくる。何かページを更新する度にタブ数分許可を求めてくるのは正直ゲンナリする。面倒だからそういう日は止めちゃっている。ちなみに、IEなら問題ない。

たまにアプリケーションに影響を及ぼす
→ノートンが裏で暗躍しているため、アプリケーションが正常動作をしない時がある。メールソフトやインストールしたばかりの新しいソフトなど。

ノートンの定義データベースの更新が頻繁ではない
→自動で更新してるのかも知れないが、手動で定義データベースを更新した時に常に最新になっているのはどうなんでしょ。

そこで色々と調べて見るとノートンよりも高性能なウイルスソフトがある事に気が付いた。
それがカスペルスキーというソフトだった。
とりあえず体験版があるので早速ダウンロードしてみたが、ノートンを削除しないといけないようだ。
まぁ、いいやとノートンを消してカスペルスキーをインストールしてみた。
ソフトウェアに関しては見た目はどうでも良いと思いつつもやっぱりある程度は良くて欲しい。
と思ったら俺が好きな緑色を活用してくれていて結構良い感じだった。
Kaspersky.png

インストール後、速攻で「システムの完全スキャン」を実行してみた。
既に過去ノートンが隔離してくれたウイルスも見つけてしまったが、ノートンが見つけられなかったウイルスは存在していないようだ。
まぁ、定期的にOSを再インストールしてるからそりゃそーだろな。

このカスペルスキーというソフトは、グレイゾーンのものもバンバン検出してしまうので色々と判断が大変らしいが、その検出能力は折り紙つきのようだ。
FireFoxに反応しなかった所はとても好ましかった。
このソフトは、軽快な処理とウイルス検出処理能力が売りのようだ。
定義データベース(新型ウイルス対策データ)の更新頻度が非常に高いようで信頼度が高いらしい。
2009年版は一般人には敷居が高過ぎるようだったが、2010年版を見る限り一般的なものとさほど変わりが無い。
処理速度がどの程度早いか試してみた。
システムの完全スキャンについては、ノートンと変わらず5時間程度かかった。
一方、簡易スキャンは数分程度と極めて早い。
また、常時何かしらスキャンを実行しているような様子が伺える。
価格も以前は1万円と高価だったが、2010年版は2台までで4300円程度と安価になった。
まだ試したばかりだけど信頼性が高いなら購入するだろうなと考えている。


ツールトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。