--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.12

自動改札 システムダウン

今日、関東地域一帯で自動改札がシステムダウンした。

SuikaやPASMOなどを始めとし、切符さえも使用不可能な状態が発生した。
どうやら、日本信号(株)という所で開発されたシステムが問題だったようだ。
同社は以前にもトラブルを発生させていた。

開発側としての早急な対応が求められる事となっただろう。
責任問題からバグ原因の究明、その問題に関連したバグ調査の水平展開、トラブル発生時の慰謝料と企業側も頭を抱えただろう。
DoCoMoのメインシステム「アラジン」が1時間システムダウンするだけで億を超える被害が発生する。
開発側は全精力・関連人員を尽して1秒でも早い復旧を余儀なくされる。
今回の問題も考えただけで恐ろしい。

しかし、本当に迷惑がかかっているのは料金を払ってサービスを受けている利用者だ!
今後、特に基幹システムのシステムダウンだけは避けなければならない。
生命を維持する事を目的とした医療機器で起きたならば、死者が出ていた事は間違ない。

もはや生活において、システムプログラムは切っても切れない関係にある。
今後のその一途をたどる事となる。

バクを100%取り除く事は事実上不可能だ。
しかし、だからこそ何重にもテスト検査を行って良質なサービスを提供してほしい。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。