--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

11.19

大人にきびを治す ~割り箸の危険性~

随分と久しぶりの更新となったが・・・

俺は昔から男女問わず、「肌が綺麗」だとよく言われていたのだが、ここ数年はそうでもなく感じるようになった。
十代の頃から日サロでガンガン焼いてたし綺麗という自覚は全くなかったのだが、数年前からニキビのようなものがちょっと出来るようになってきた。
そして、ここ半年は劇的に悪化してしまった。
今までは不摂生したときなどにたまに新しいニキビが1つ出来るかどうか位だったのだがこの半年くらいはそんなこともお構いなしで新しいニキビが大量に出るようになった。
ニキビで悩んだことなかったけどこれはやばいと本気で思った。
当然ながら心当たりが全くなくて症状を改善することが出来なかった。
動物性蛋白質を採らずにジムで体を鍛えてスポーツして食べ物もちゃんと選んでタバコは吸わないし酒も特に好きという訳でもなく睡眠も6時間は取っている。
ニキビが出来るなんて思ってもいない訳だ。

結論から言うと、原因は割り箸を使用し続けていたことだった。
数年前に会社の人間が話していたことを思い出した。

「中国産割り箸を金魚ばちに入れたら金魚が全滅した」

そのときは中国ヤベー!みたいなことで終わった雑談だったのだが、それを思い出したのだ。
というのもなるべく家でご飯食べるようにしてたのだが仕事が忙しかったから箸を洗う手間が煩わしく思えてきて店でもらえる割り箸をずっと使い続けていたのだ。
ただ、その話を覚えていたので使う前は何度もゴシゴシ水洗いをしてから使うようにしていた。
割り箸を見るとわかるのだが、蝋でも塗っているのだろうか?と思えるほど表面がテカテカして作られてる感があるのがわかる。
それを気持ち悪いなーと思いつつも使っていた、どこかでその話しを軽く考えていたからだ。
いや、使っていることでそう思いたかったのかもしれない。
随分と初期の頃からそのことに気付いていながら「使用しない」ことが出来なかった。

中国製割り箸について書いてあるブログ例
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-675.html
http://www.nobu.tv/blog/archives/2008/03/27-2341.php


話しを半年ほど前に戻す。
大人ニキビが顕著に現れてきたことに気付いたのは彼女だった。
それから気になるようになりケアをするようになった。
ケアの内容は以下のとおり
・枕にカバーとは別にタオルを敷いているのだが、それを裏面使わずに1日交換にする
・脂質制限
・洗顔をこまめにする(朝風呂時(石鹸)、昼、夕、夜風呂時(石鹸))
・寝るときはヘアバンドで前髪を上げる
・出来る限り寝る時間を早くする

これで新規ニキビをだいぶ抑制することに成功したが完全に止めるまで至らなかった。
ここまでやって完全に止められない理由がわからなかった。
考えた挙句、「栄養不足による免疫などの機能低下」が原因だと思った。
そこで、サプリメントを採るようにした。
友達の医薬業界で働く人からするとフリーダムなサプリメントを採ることはとてもリスキーだと言われていて彼は一切を拒絶している。
そんなことを知りつつも藁にもすがる気持ちで試してみた。
着目したのは「肌機能」と「免疫機能」、「抗酸化」の3点だ。
それで摂取するようにしたのが以下のとおり
・VB2、VB6、VB12、VC、VE、Zn

途中までは全体的に体が多少楽になる感覚はあったもののニキビ改善には直結しなかった。
どの程度楽になったかと言うと、ほんの僅かだが体感できる程度、うっすらと柔らかい保護膜が覆って若干守ってくれる程度かな。
それからさらに追加したのが以下のとおり。
・Ca、Mg

俺にとって最も不足しているものだとわかっていたのだが、ネイチャーメイドのマルチビタミン(Ca+Mg)を飲んでから3日目くらいで強烈な胃の不快感を覚えて一切飲まなくなった過去があり、その原因がMgっぽいというのをネットで見て以来ずっと敬遠していたのだ。
それで飲んでみると特に不快感もなく普通に飲み続けられた。
ネイチャーメイドがちょっとアレだったのかもしれない・・・
ちなみに、Asahi製を買っていた。
結果的には、だいぶ改善されたのだ。
俺に不足していたのがこの栄養素だったのだろう、わかっていたが。。。
とりあえず、新規ニキビは出なくなった。
ただ、不摂生(5時くらいまで起きてたりカロリー高めの食品食べたり)をすると2日後くらいに新しいニキビがちょっと出てくるので紙一重で均衡を保っていた状況だった。
修行僧なのか?と思うような生活を強いられたと言っても良いだろうか。

これが30代に起きる体質変化なんだ!

そう思った。
誰もが回避不可能な体質変化、それが俺にもやってきた。
ただ、多くは35歳前後だと聞いてただけに数年早いなーと思っていた。
そんなある日、あぁ地雷を踏んでしまった・・・と思った不摂生をしてしまったにも関わらず一切悪化することがなかった。

なぜだ?

そこに全てが隠されていると悟った俺は必死に探し出した。
本質は「栄養不足による機能低下」ではないことを確信したタイミングだった。
だが、思い返しても決定的な原因を突き止めるには至らなかった。
1つずつ試していくがなかなか成果が出なかったある日、気付いたことがあった。
家で食事をする次の日が不安定になるということだった。
納豆はニキビに影響あるのか調べてみるが当然ながら一切出てこなかった。
そんなある日、割り箸をもらい忘れてしまった。
しかし、家でご飯を食べたのにもかかわらず安定していたことに気付いた。

そのとき、初めて「割り箸」の危険性を思い出した。

それからは割り箸を一切もらうのをやめてみた。
すると、地雷を踏んでも全く問題なく、そして僅か1日程度という極端に短い時間で継続ニキビが瞬く間に消えていった。
俺が中国製品の犠牲者になっていたとは思ってもみなかったわけだが、この数ヶ月の悪夢に完全決着が出来たのだ。

それまでも「割り箸」を使っていたのだがあれほど顕著なものは経験がなかった。
商品によって大きく差があるのかもしれない。
業者のサジ加減と言ったところか。
これまで以上に中国製品を極力買わないことに徹底しようと心に決めた。
コンビニなどでは(食べるに値しないものしかないので)弁当を買うことはほとんどないがオリジン弁当などで弁当を買うことや惣菜を買うことはたまにあるのでそのときにもらう割り箸も同様に考えたほうがいいだろう。
割り箸を一切使わない生活というのは意外と大変かも知れない。
それからは箸を洗うタイプの定食屋などを利用するようになった。
これは「My箸」の有効性を改めて実感できる良い機会だった。

警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

 |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。