--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.17

亀田親子 謝罪

10/17 16:55

亀田親子がボクシング協会に訪れ、謝罪をしたことが報じられた。

オヤジの史朗が言うには、大毅が包丁を見つめ落ち込んでいるようだ。
何でも朝4時まで泣きはらしたらしい。

言動が表面上だけでも治まれば国民からは少しでも同情してもらえそうではあるが…

そもそもあの状態で亀田家が謝罪しないのは有り得ないから普通の事をしただけに過ぎないだけなんだが果たしてどういう変化が生まれるのか見物だ。

-----------------------------

追記

謝罪会見を見た感想

亀田家の大毅と史郎は、ノーネクタイのスーツ姿で出てきた。
同伴してきた人はキチンとネクタイ絞めてきたのにも関わらずだ。
反省の色が服装からは見えなかった。
ただ、大毅は反省という意味か、髪を全部剃っていて坊主だった。

しかも会見開始後数分で、大毅をかばうかのように退場させてしまった。
張本人なしで何をすると言うのだ?
未成年だからという発言は、今となっては醜い逃げ方だ。
今までは未成年を謳って、日本最速で世界チャンピオン奪取を掲げていただけに理解出来ない。
オイシイ所だけ欲しいというのはご都合主義というものだ。

オヤジの史郎は、まるで反省の色がない。
押し黙って下を向いているだけだ。
質問に対しても的確に答える事が出来ていないし、全体を要約すると以下の内容だった。

今回のことは反省しているが、亀田家特有のスタイルを変えるかどうかは今は言えないし、セコンドでは反則を促す発言もしていない。

後は同伴の人がフォローするかのように間に入っていた。
これを見る限り、その場かぎりの謝罪でしかないだろう。

しかも、未だに被害者である内藤選手には謝罪を行っていない。
理由としては、大毅が精神的に参っているからだと言う。
どれだけ自分がかわいいのだろうか?
自分たちが蒔いた種に足をすくわれ、その結果自分たちの事しか考えていない。
どう考えても同情の余地はない。

ただ、内藤選手には30代として相応しい発言をしてほしいとは個人的に思った。
彼もこの事件で一気に全国区になった。
不幸中の幸いだったろう。

モブログトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。