--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.20

フランス婚

女優兼歌手の夏木マリ(55)が婚約発表した。

55歳からまた結婚するという彼女のパワフルな考え方には正直驚いた。
ただ、法律でいう「結婚」にはとらわれないという意思を表明した。
それをフランス婚と呼んでいた。

個人的にはその考え方は大賛成だと思う。
互いが互いに惹かれ合って生涯を共にしたいと思うから結婚を考える。
だけど、実態は女性を私有物化して自分の一部と勘違いしている男が多い。
『食わせてやってる』感があって、伴侶の尊厳や尊重などお構いなしのように映る。
特に、年齢層が上がれば上がるほど奥さんはツラい状況を強いられていただろう。

だから、付き合うの延長線上の形として生涯を共にすれば良いんじゃないかと思ってしまう。
基本的に男と女は完全に同等であり、共働きをして自分で生きていく事が出来るような状態を作る。
子供を産んだ際を考慮して、もっと出産に関する制度を良くするべきだと思う。
少子化が叫ばれる中、政府が何も対策を打たなければ少子化は加速するに決まっている。
子供を産む事によって確実に女性の立場は弱くなる。
だったら産まない方が良いじゃん!と思う人も多いだろう。
---------------------------
最近は頑張って育てた子供も簡単に殺される世の中!
俺は正直、子供には興味ない。
リスクがあまりにも高すぎるし、どのタイミングで嫌な存在になるかもわからない。
精神的にも金銭的にも非常に高い投資をするがほとんど見返りが期待出来ない。
子供が殺されたりニートになったりオタクになったらブチ切れそう。
だけど、それはまだ良いとして殺人犯になったら本当に育てなきゃ良かったと心から思いそう。
絶縁する親子も少なくないし、失敗だったと思ってる人も多いだろう。
うちもその1つだと思う。
少子化問題がなければ絶対に子供はいらない。
だけど、犬は大好きだから犬を子供のように可愛がってそう。
話しはそれたけど・・・
---------------------------
女性も定年まで働いて常に自分に磨きをかけていって欲しいと思う。
離婚と再婚が比較的簡単に行える状態になれば、離婚されないように互いに努力出来ると思う。
今のオッサンやオバサンは正直、ヤバいと思う!
見た目が普通に危険だよね。
全く輝いてないしカッコ良さも完全に失っている。
身だしなみにもっと気を遣うべきだしいつまでも恋愛をしていける環境を作ってほしい。
女を捨てた人、男を捨てた人って常識もガッツリ捨ててしまうみたくて行動がかなり引く…

「結婚したからもう大丈夫」と急にテキトーになるのは悲しい。
結婚が自分のゴールだと思っているように見える。
結婚はスタートじゃないのか?
伴侶とどうやっていつも楽しく遊んでいけるかが楽しみだと思う。
だから一緒にスポーツしたりご飯作ったり考え方が理解し合えたり笑いが同じだったりする相手を頑張って見つける事が人生においてとても大事な気がする。

夏木マリは凄く女なんだと思う。
恋愛の力って大きいし生き生きするし前向きになれる。
彼女はカッコ良いね!


P.S オッサン、オバサンの定義について
最初は年齢だと思ってた。
30代からはオッサン、オバサンだと思ってた。
だけど、今28歳だけどあと2歳でオッサンか?と思った時、答えはNO!だった。
例えば黒木瞳はオバサンか?
もちろん、答えはNOだ!
答えは、見た目の若さもあるが気持ちだと思った。
自分に対して頑張る努力をしなくなった時がオッサン、オバサンだと思う。
だから20代前半でも40代位に見える人は、オッサンやオバサンだと思ってる。
頭に「若いけど」が付くだろうけど。
死ぬまで若く居たいと思う。


※大人の優雅さとは別物です。
女の人で結婚してから急に人間としても器が大きくなって、柔軟で物腰が優しくなり余裕が出てくる人がいますが、それは凄い魅力だと思う。
最も理想的な状態だと思う。
これについては、別記事にて書いてみようと思う。



独り言トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。