--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

02.08

中国という国

これらの危険な生物達を中国がただ廃棄するとはとても思えない。
中国国内に出回っているんじゃないかと思っている。
そして、中国の捏造された教科書による反日洗脳教育を終えた成人中国人は日本人に非常に強い嫌悪感を持っている。
それらの食材を肉片として流通させていたとしたら、どうなるか?
その食材を口にしたら、一体どうなるのか?
考えるだけで恐ろしい。








風邪引いたときに買っちまったよ。
マジでか・・・
はちみつ
裏には中国の文字はない。
条件をクリアすると表示しなくても良い制度はやめてほしいな。
国産なの?もう訳わからない。
確かに、以前はちみつ問題が話題になったな。
(水あめを使って水増しした事件)
はちみつ2








警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2009

01.04

世界一過酷な競馬

イギリスで最も人気のあるレース、「グランドナショナル」の地獄絵図!
これが見たいってやっぱりイギリス人は残酷だね!
熊イジメ、犬イジメ、奴隷、・・・娯楽になるなら何でもするな、あの国は!
紳士というのは建前だけだ。
特にカラ馬の確保をしないのが凄いな!
落馬しまくってるけど人馬共に大丈夫なのか!???




警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

12.23

ネット販売の落とし穴

ヤフオクで起きた詐欺事件


楽天で起きた詐欺事件



ネット販売している最大手ですら、詐欺事件を防止する事が出来ない。
現在ではまだほんの僅かな確率だろうが、この円高大不況によってリストラされた人間達が生活するために何でもしてしまうのは容易に想像出来てしまい、より多発するだろうと想像出来た。
つまり、ネット販売とは「信用出来ない相手を何とか信用して売買にこぎつける」という危険な行為であることを再認識すべきだと思う。
実際にこういった被害があっても完全補償などされない人間が何百人も出ているのだから、いつ自分が被害者になってもおかしくないだろう。


警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

10.26

アカントアメーバの脅威

コンタクトレンズを使っていると失明する。

これは誰もが一度は耳にする事だろう。
その原因の1つが、「アカントアメーバ」による感染だ。
このアカントアメーバが目に感染すると激痛を伴い、最悪失明するそうだ。
では、アカントアメーバはどこに生息するか?

海、川、池、湖、土壌・・・至る所にいるそうだ。
何でもとても原始的な生物らしい。
そして、水道水にもいると言う事が最も脅威な所だ。

コンタクトレンズを扱う際は、石鹸などの界面活性剤で滅菌しなければならないという。
だが、どんなに滅菌しても水道水に含まれているアカントアメーバは次から次へと出てくるんだよね?
まず、水道水のアカントアメーバの生息率と感染率が知りたいと思った。

引用:
アカントアメーバの感染リスクは、24時間連続装用が可能なソフト・コンタクトレンズで最も高く、1日で使いすてるソフト・コンタクトレンズで最も低かった。ソフト・コンタクトレンズを常用している男女の91%がレンズを装着したまま泳ぐか、または不適切な消毒をしていることが判った。

アカントアメーバ感染例では、過酸化水素や塩素系のソフトレンズ消毒液の使用が非常に多く見られた。しかし、塩素はアカントアメーバに対して無効なのです。

アカントアメーバの感染率が水質に左右されることが、この調査で判明したようです。この結果は、コンタクトレンズの使用者の多くがレンズや保存ケースを滅菌・消毒されていない水に接触させていることを示唆しているようです。コンタクトレンズは便利な反面、衛生的な使用を心掛けないと、大変に痛い目にあうことになります。気をつけましょう。


引用:
角膜に傷がある場合に感染しやすいです。
このアメーバの弱点は、熱に弱いため以前の煮沸消毒では死んでしまうという事です。
ですから、ソフトコンタクトレンズの煮沸使用の感染率は少ないという結果があります。


引用:
100万人のコンタクトレンズユーザーに対して、約1~2例と推測されています。



欲しい情報は無かったが、とりあえず「角膜に傷が無い」、「1日使い捨てコンタクトで8~16時間で捨てる」、「コンタクトを扱う際には石鹸で手を洗う。絶対に手が汚い状態でコンタクトはいじっていない」って事で感染率は非常に低いと思われるが、不明確な点が多い。
もしかしたら、不潔なヤツだけ感染する程度のものかもしれない。
だが、条件が合えばアカントアメーバ角膜炎から失明というケースが確実にある。

しかし、見逃せない情報があった。
「海にもアカントアメーバがいて、サーファーがアカントアメーバ角膜炎になりやすい」という事を書いていた湘南地域の眼科があった。
って、いつの間にか検索引っかからなくなってるし、どこ行ったコラーーーーー!
デマか?デマかーーーーー?
本気でサーフィン諦めるかどうか迷ってた時間返せコラーーーー!

と言いつつも、湘南の海が汚いのは事実だし実際問題雑菌も多いだろうし不潔にしていたら危ない事は間違いないな。
特に、雨が降った後は最悪だ!
街の地面や土壌、タバコの毒や犬の糞、生活排水に工業排水など、ありとあらゆる汚物が川を経て最後に流れ着く場所が海だ。
敢えて排水溝にタバコの吸殻を捨てるヤツに殺意が芽生える!
コイツらの自己中さで海が無駄に汚れる。
大雨、台風の後の海は特に結構ためらってしまうなぁ・・・
この辺のインフラの改善はどうにかならないかな!


警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

02.15

カフェ・ベローチェ 雑誌へ訴訟!!

企業が雑誌の評価に裁判を起こした。

--- ニュースサイト抜粋 ----
月刊誌「おとなの週末」に掲載されたコーヒーチェーンのランキングで名誉を傷付けられたとして、コーヒーチェーン「カフェ ベローチェ」を運営するシャノアール(本社・東京都豊島区)が、出版元の講談社(本社・東京都文京区)に1100万円の損害賠償と出版差し止めなどを求める訴訟を東京地裁に起こしていたことが13日、分かった。
シャノアール側は「ブランドイメージに重大な影響を与えるもので被害は甚大」と主張している。
など主要なコーヒー11チェーンを「ドリンク」「食べ物」「雰囲気」「使い勝手」の4項目で採点し、順位を付けている。
ベローチェは最下位となった。
---------------------------

企業までもがダメダメ体質になってきているのか?
もはや、個人レベルではなくなってきている問題だろう。
シャノアールが言いたい事は、評価が個人的な価値観による点が納得がいかないのだろう。
ライターがオールドカントリーテイストな雰囲気が好きなのにモノトーンテイストだったから「店内のインテリア 最低ランク」とかって言うんなら訴えている内容はわかる。
だが、それはどう考えても違うだろ。
たとえ、ライターが個人的に何かを感じて書いたとしても、それは「客」として来た時も同じ事を感じるだろうし他の多くの人間も感じる事があるに違いない。
一面真っ白の掃除されている綺麗な部屋に入って、「ハウスダストが心配だな」って思う人はいないだろう。
だが、別に綺麗でもなく激しく汚い訳でもない一般的な男の部屋に入れば、中には「ハウスダストが心配だな」って思う人は出てくる可能性はある。
何かを感じるには原因があるはずだ!
ていうか、普通に考えればさ、低い評価されたら教育の徹底や問題解明・対処方法、二度とそのような状況にならない対策を店長集めて会議すんだろ!
じゃあ、なにか?
アメリカで狂牛病問題が出て、日本が「あなたの所で狂牛病が出てるので肉買いません」と言ったら、「国のイメージに重大な影響を与えるもので被害は甚大」だと言って賠償金請求されるのがまかり通るのか?
1000歩譲っても諸外国では通じるかもしれないイチャモンを日本で通す事は不可能だろ!
10000歩譲って裁判で勝ったとしても、それ自体が「イメージに重大な影響を与えるもので被害は甚大」じゃないのか?と思ってしまうな。
日本はそういう国だ!
俺はコーヒーは付き合い程度にしか飲まないが、この1件でベローチェにいくことは100%無くなった。
ここさ、ネットで調べるとあまりよくない事がポンポン出てくるよ。
しかも俺の中では基本的に「安い=危険」だと思っている。(「高い=安全」という意味ではない)
業界自体が法外な値段吹っかけている訳じゃない状況で、逆に安くて安全って有り得るの??

「店舗や作る人によって味にばらつきがあった」という評価に対しても「マニュアルによる指導を徹底しており、そのようなことはないように努めている。表現は事実に反する」とか言ってるのってどんだけ痛い会社だよ!
マニュアルで徹底すれば100%ミスはないんですかね?
そんな訳ねーだろ!
どんだけ脳内ハッピーな経営者なんだよ!
計量や生成方法の全てを完全に決められた器具を使わないと作れないならわかる。
例えば、Lサイズに入れる牛乳の量は「Lサイズ牛乳専用計量器(例えば200mlまでしか絶対に入らないもの)」のように、制御方法を「人」ではなく「物」で行うなどだ。
判断が人間によるものならどんなに頑張ってもバラつきが出るに決まってるだろ!
小学生でもわかるぞ!

器具使うなら器具はオーダー毎に毎回洗っているかなどもチェックに入るだろう。
雇った全ての人間の一部始終を完全にコントロール仕切れていないにも関わらず、こんな社会的制裁を加えるとはほんとに危篤な企業だと思うよ、シャノアールってとこは!
もしかしたら、店内にも音声認識システムが導入されていて、「これマズくない?」と発言した瞬間に…

「フテキセツナ ハツゲンヲ カンチイタシマシタ。テーブルバンゴウハ 13デス。」

とか出てきて、客も訴訟されるんかな?
日本において謙虚さを失ったら、終わりだと思う。
それが日本の持ち味だと俺は思っている。
日本ほど、「お客様意識」を強く持ち、愛想が良く、相手の気持ちになれる人種は世界的に見ても稀だと言う。
この特徴は消してはならない。
この裁判では絶対に負けて欲しいと願う。
企業が客を見下した瞬間に、企業努力は極端に低下するだろう。



警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

11.12

海外警察と銃社会の恐怖

まずは海外の警察の様子を紹介する。

アメリカ警官は犯人を容赦なく射殺する
http://jp.youtube.com/watch?v=KV-M-YgE_eE
被弾した相手にも容赦ない
http://jp.youtube.com/watch?v=gW3M6C-7gBQ
犯人には容赦しない
http://jp.youtube.com/watch?v=HlDhekIlAFc
http://jp.youtube.com/watch?v=vW3WryC4VMM
http://jp.youtube.com/watch?v=ggmnepej43k
http://jp.youtube.com/watch?v=fbMlywuETGs
http://jp.youtube.com/watch?v=X2NPd8Gv4DM
http://jp.youtube.com/watch?v=JWLqLSH4i3A
http://jp.youtube.com/watch?v=YAwJzvj7O64&NR=1
http://jp.youtube.com/watch?v=ZV9z5EGQK7I

一方、日本の警察は正当防衛による発砲も非常に難しい。
警察の横暴な態度はすぐさまマスコミの餌食となる。
現代の日本の警察は完全にナメ切られている。
日本開催のワールドカップの時に六本木のクラブにいた。
外国人も多く、ドイツ人と仲良くなったりしていた。
ワールドカップのために単身で日本に来ている人も多かった。
その日の深夜などは酒を飲んだ外国人や日本人が騒いでトチ狂っていた。
その時も警察は、ただ警備員のような対応しか出来なかった。
当然若造どもにバカにされたりする。
見ていて警察の情けなさを思い知った。

日本の警察は犯人にとても寛大だ!
ロシアでは人質が死のうが知ったことではないのだ。
テロリスト(本当は違うが・・・)がバスジャックをした時にロシア軍隊がバスに対してミサイルを撃ち込んだ。
当然大量の人質は全員死亡した。
人質の事を考えないやり方がロシアだ。

次に銃の恐怖についてだ。

銃弾を被弾するとこのような状況になる。
超グロ画像のため、激注意!

ライフル銃の威力
http://suicidemethods.net/pix/suicide1.htm
http://suicidemethods.net/pix/blam2.htm
http://suicidemethods.net/pix/30_30.jpg

ショットガンの威力
http://suicidemethods.net/pix/shot2.htm

357マグナム銃の威力
http://suicidemethods.net/pix/tcfor190.htm

ライフルを撃つ方はこんな具合だ!
スコープ越しにロックされた時には逃げる事は不可能だ。
http://jp.youtube.com/watch?v=4uJROs1t5c8

高威力を研究中のライフル銃か?
こんなものを被弾したら、どこであれ原型を留めていないだろう。
死なずに済んでも見たくも無い現実が待っている。
http://jp.youtube.com/watch?v=im_Kgp9KQsk

対戦車用ライフル
精度は落ちそうだが、これを食らったら胴体が半分にちぎれてしまうだろう。
どんなに離れていても食らってしまえば一撃死確実だ!
http://jp.youtube.com/watch?v=klPXpgSKG8M

ショットガンというよりは大砲
http://jp.youtube.com/watch?v=u_UbXWOr0t8

よく映画などでちょっとした隙に銃を奪おうとしたりするが、絶対にやってはいけない。
銃の反動と言っても鍛錬者にとっては造作もなく次の銃撃が待っている。
現在の日本でも実銃がネット販売されている。
一部のキチガイによって日本国民も銃の脅威に怯える事となる。
ただ、ネット販売で購入したドシロウト相手なら何とかなるかもしれないが、場数を踏んでいないドシロウトは異常なまでの興奮状態である事が容易に想像つく。
つまり、ちょっとした刺激ですぐに発砲される恐れがある。
特に海外では人の命は意外と軽かったりする。
特に相手が外国人なら尚更だ!
持っている全財産を渡して助かるなら、そうすべきだ。
銃弾を被弾して生きていてもツライ現実が待っている。
銃痕でよく見かけるのは穴がポツリと開いているものだ。
内臓に損傷がなければ縫って終わりかと思う人もいるが、実は銃弾が内部から外部に出ていく際の傷が最もヒドいのだ。
数cm程度の小さな銃弾のくせに外に出て行くときには10cm以上の肉がグッチャグチャに消し飛ぶ事になる。
さらに銃弾の弾頭に十字などの傷をつけ、空気抵抗を受けるようにすると銃弾はグルングルンと不安定な軌道を描いて飛ぶ事になる。
被弾した際に、体内の臓器をメチャクチャに壊して尋常ではない激痛と被害をもたらす事になる。
余りの非道ぶりに世界条例で戦争に使う事を禁止するにまで至ったが、現在もなお使用されている。
単純に直線的に貫通してくれるならまだいいが、現代の銃弾には想像するのも恐ろしいものがある。

またフルオートショットガンという恐ろしいものまである。
これを見ると反動など大した事ではない。
逃げ切る事は不可能だ。
この連射を食らってはミンチとなるしかない。
http://jp.youtube.com/watch?v=Zo_Ahf3hPho

現在の市街戦で用いられるのは1発当たりの威力を落として精度を向上させ取り回しが良いサブマシンガンというタイプの銃器が一般的だ。

MP5
http://jp.youtube.com/watch?v=nFi7ge31L_o

MP5SD
http://jp.youtube.com/watch?v=gLjns9wIzDw
http://jp.youtube.com/watch?v=7RpUXce82jY

MP7
http://jp.youtube.com/watch?v=YjY0Us7NOns
(反動が無いと高評価してる)
http://jp.youtube.com/watch?v=Xk37O80I07M
http://jp.youtube.com/watch?v=1Rn9zCl9_kU
この銃は非常に恐ろしい事になっている。
コンパクトでありながら音も抑えていて威力が尋常ではない。
調べてもらうとわかるが、MP5モデルの次世代進化版で、P90という良質の銃の対抗馬として作られたものだ。

コイツはちっちゃいくせに凄い!
http://jp.youtube.com/watch?v=u48aL3ak5Gw&NR=1

戦争時や対テロ時ではアサルトライフルという、スナイパーライフルとサブマシンガンの中間に位置する銃器を使用する。

G35C
http://jp.youtube.com/watch?v=NyZCwPlSAlA

AK-47とM16
http://jp.youtube.com/watch?v=G6BpI3xD6h0
AK-47は安価で単純明快な作りや使用方法でテロリストにも大好評な銃だ。
これはロシアの人間が設計したもので、ロシアでもこのモデルの亜種が非常に多い。
そして超高威力である。
それに対して、アメリカのM16だ。
精密なパーツ群を使用しているため、メンテナンスや耐久度、環境依存が激しい。
しかし、AK-47を上回る命中精度を誇る。
威力はAK-47と比べるとだいぶ落ちる。
命中率や扱いやすさを追求した設計である。
いずれにしろ、被弾時には壮絶な状況となる事には変わりが無い。

日本を銃社会にすれば殺人が日常的となり、恨みによる射殺事件が相次ぐだろう。
日本ではショットガンについては免許さえ取れば保持出来てしまう。
個人的には非常に恐ろしいと思う。
実際に彼らによる射殺事件も起こっている。
銃に対しては異常なまでの拒絶反応を起こすべきだ。
ただ、バイオBB弾を使用するサバイバルゲームは個人的に大賛成だ!(笑)


警戒情報トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

11.11

動物実験 -無意味な拷問-

今まで散々、食用として命を落としていく動物について記事を書いた。
しかし、彼らよりも何百倍も残酷な目に遭っている動物たちがいる。

動物実験という名の下に死ぬまで続く絶えられない拷問だ。
この事実を知ったのは、もう4~5年も前の事だ。
最初は余りの地獄絵図で信じる事が出来なかった。
ベジタリアンとしての要素も全くなかった時代だ。
人間が、日本人がこんな残酷な仕打ちをするとは到底思えなかったからだ。
しかし、そんな淡い期待は数時間~数日後には完全に無くなっていた。
今またあの記憶を呼び起こす事は非常につらい。

ここで延々と知り得た事を書き綴るのは避ける事とする。
とても終わりそうにないからだ。
何だかんだ調べた期間は1ヶ月以上になる。
要点を絞って書き記しておく。

この事実を知る前は俺も一般的な国家の洗脳によって、「動物実験は仕方ない」と思っていたクチだ。
人間が満足いく生活をするには仕方のない犠牲だと思っていた。
しかしそれは誤りだった。
現在の記憶を箇条書きにする。

・動物実験で悶絶して死んでいく9割は無意味な実験
・過去の実験によって既に結果が分かっているにも関わらず新しい商品開発が発生するたびに何千何万という動物が死んでいく
・動物実験で殺される動物は監視者の虐めも受ける事になる
・犬や猫の里親で、もらわれていくうちの何割かは業者と呼ばれる人間が飼うとウソをついて動物実験やオペ実験台として売られていく(通常の動物単価より非常に安価なため積極的に使う企業もある)
・海外では動物実験を行う企業への不買運動が激しい
・海外の裁判では動物実験の結果は証拠として認められない事が決定している地域がある(アメリカなど)
・人間と各種動物との生物的反応はかなり異なるため、無意味な事が非常に多い

動物実験反対用サイト
http://www.coara.or.jp/~wadasho/doubutu.html
※ここで出てくる某大学とは、世田谷にある東京農業大学のことだ。
昔この近くで一人暮らししていたので非常に有名な話しだった。
動物実験の大まかな内容
動物実験の疑問
彼らはこんな無残な死のために生まれてきたんだろうか?
動物実験の成れの果て・・・
動物実験の写真
商品の需要がある限り、無限に続く実態とは・・・
動物実験の映像1
動物実験の映像2

動物実験における惨さは平和に過ごしている人間には想像すら出来ない。
上記で貼った物は比較的グロさが和らいであるものを選別した。
海外の潜入調査などの映像や内部告発によるものの映像では余りのヒドさにとても観ている事が出来ないと思えるレベルである。
ここで働いていると人間が正常な精神で居られる事が出来なくなるのは一目瞭然だ。
強い酸性物質を目に浸けられて何日も放置する。
目は溶けだし膿を持ち、形など無くなる。
目の周囲の肉まで被害が及び、目玉があったとは思えない想像を絶する状態になる。
目玉をくり貫かれたり、目に電極を差し込まれたり、脳を出されたり、死ぬまで性器に電流を流したり、バーナーで焼いたり、骨折させられたり、体を溶かされたりと、想像する事が出来る悲惨な実験を世界各国で繰り返されている。
企業を弾圧したり批判した所で止める事は無い。
この行為を止めるのはその企業の商品を買わない事だ。
資金がなければ、当然動物実験に充てるコストも削減される。
その分、被害に遭う動物の数は劇的に減少する。
過去においても不要な動物実験に手を染めた企業は倒産してしまえば良いと思う。
必ずしも全ての動物実験が不要と言っているのではない。
不要な動物実験がほとんどなのだ。
日本での動物実験で殺戮されている数は年間1000万匹にのぼる。
休みなく毎日動物を殺し続けても1日で約27400匹もの動物が死んでいく。
47都道府県で割ると、自分が住んでいる地域で約580匹が壮絶な死を遂げる。
これが毎日永遠と続いている。
そして被害に遭う動物は年々増加の一途を辿っている。
想像つくだろうか?
それは国民が商品を買うからだ。

動物実験として虐待を受け死のロードを既に半分以上過ぎたとしても、いつか優しくなってくれる人間を期待し続けて尻尾を振る犬もいる。
彼らには激痛を耐え抜いた後に死ぬ未来しか残されていない。
彼らを地獄から解放し救ってくれるのは唯一、「死」だけである。
動物実験を目的として生産された動物は、最期を迎えるまで・・・
一体、彼らはどんな罪を犯したのだろうか?
サンプル結果のためだけに生まれてくる事は有り得るのだろうか?

動物実験を行っている一部のメーカーだ。
昔見たものよりも相当少ない。
http://sos.k2.xrea.com/jikken/company.htm
こんな偉そうな事を言っておいて、コンタクトレンズのアキビューを使っていた。
自分のバカさ加減に嫌気が差した。
この経験が後のベジタリアンとしての自分に大きく関係した事は明らかだった。

参考として・・・
各メーカーの化粧品における動物実験の有無

動物実験を行っていないメーカー
http://www.momobox.com/companylist_doesnt.htm
http://blogs.yahoo.co.jp/chihua_miyu/19688293.html

海外のもので動物実験を行っていない商品は非常に多い。
また、動物実験を行っていないメーカーの商品は比較的良質な物が多い。
材料にこだわっている事が多かったりする。

「パックスナチュロン」シリーズは非常にオススメだ!
シャンプー、リンス、ハンドソープ、ハミガキ粉を購入した。
ハミガキ粉は慣れるまで非常に抵抗があるが、それ以外のものは良いと思える物ばかりだ!
また固形石鹸としては、「ねば塾」シリーズを購入している。
製作元は福祉施設だ!
いわゆる身体などに障害を持った人たちだ。
ここの白雪の詩という石鹸を買い続けている。
無駄な物が一切入っていないのでとても安心して使える!
なんと、脂肪酸ナトリウムだけだ。
肌が弱い人のもアレルギーがある人にも評価が高い。

消費者としてプライドを持って企業を選別する立場を強く意識しよう。
消費者1人1人の行動が将来を変えることになる。
動物実験については調べればいくらでも情報はある。
あなたのちょっとした意識でいつでも事実を知る事が出来る。
彼らのような子を少しでも少なく出来るように協力してほしい。



警戒情報トラックバック(0)  コメント(6) 

    2007

11.09

モバイルSuica 最低最悪な仕様バグ

11/9 8:00

モバイルSuikaによって壮絶な被害が及んでいる!!

モバイルSuika
http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/index.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%ABSuica

概要
「おサイフケータイ」をカード形Suicaと同じ様に使用できるようにするものである。2006年1月28日にNTTドコモとau(KDDI)の対応機種を皮切りにサービスを開始した。2007年5月24日現在でのユーザー数は50万人である。

サービス開始1年で100万人の会員獲得を目標としていたが、当初はJR東日本のクレジットカード「ビューカード」の加入が必須であった点などから、サービス開始から約8か月の9月30日時点での加入者数は約12万人と伸び悩んだ。その後翌10月1日より他のクレジットカードも利用可能となった他、同月21日からはクレジットカード不要の「EASYモバイルSuica」も開始されるなど、選択肢が増えた事により以後の加入者数は増加傾向にある。ただ、1年4か月で当初の目標の半分にしか到達していない。

問題点
個人登録する際に、銀行口座の暗証番号を必要としないため、自分のではない適当に登録した銀行口座などから勝手に引き落とされる事件が相次いでいる。
現在、被害総額が1000万円を超えているという。

今後
設計・開発会社の経験不足、想定不足、考慮不足が原因と考えられる。
一般的に考えれば、被害に遭った人への対応は必須だろう。
法律ですら守られると思われる。
しかし、被害人数や被害額が明らかに許容量を超えた場合、払われるか不明だ。
日本はそういう国である。
規模が尋常ではない場合に見限ってしまう体質がある。
銀行の倒産時も1000万までしか保障されない(ペイオフ制度)事を国自体が決めた。
あれだけの一方的な過失である「JR福知山線快速電車脱線事故」ですら、被害者に対して完全に保障は出来ていない。
設計・開発会社は一刻も早く、暗証番号を入力しないと使えなくすべきだ。
ニュースになった時点で一斉に被害が広がる恐れがある!
ただ、その手軽さがメリットだっただけに面倒くさいと感じる人も増え、ユーザー離れは少なからず起きるだろう。
バグ修正が行われるまで、個人的にどうやって銀行口座を守ればいいのだろうか不明だ。
JRは一体どれだけ信用を落とせば気が済むのか・・・
そして忘れてはならないのが、慰謝料の問題だ!
被害を補償するのは当然の義務だ!
次は、被害に遭わせた償いとして、精神的苦痛代として、慰謝料を払うべきだ!
日本は基本的に泣き寝入りを強要する最悪な考え方が定着している。
赤字になろうが知ったことではない!
キチンと被害者1人1人に所長クラスが足を運んで菓子折りと謝罪、慰謝料を手渡しに行くべきだ!
そうする事で、もっとちゃんとした考え方が定着するはずだ。



警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

11.05

鯨肉、フカヒレの正体

偽造だらけの日本!
そして残忍で冷酷。

最初見た時の衝撃は半端じゃなかった。
動物保護団体の標的となっている。
日本人はこんな人種だと思われている。
勘弁してほしい。
そして、もうこんな事は止めてほしい。



警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.31

ニチアス株式会社 偽装問題

ニチアス株式会社(旧 日本アスベスト)という痛い会社が問題に上がった。

アスベストをメインに使用していた会社だったが、上場とともに社名を変えた。
この会社が、「住宅性能表示制度の耐火等級4(最高ランク)」という国土交通大臣認定を不正に取得した製品を販売していた。
これは間仕切り材で耐火レベルの国家試験を受けた。
耐火時間が30分、45分、60分の段階のうち30分しかクリア出来なかったため、どうしても最高ランクの60分認定が欲しかったということで、試験前に水に浸した素材を使ったり、本来の商品の素材ではなく高耐火素材を試験用に製造して試験を受けたという内容だった。

これはニチアス株式会社の社員が名前を伏せた手紙を会社に送り、「謝罪告白しなければ内部告発として全てマスコミに言う」という物だった。
それを見て、慌てて会社として謝罪会見をしたそうだ。

ニチアス株式会社の正常な社員のお陰で明らかになったから良いものの、もしそういった行動が一切なければ今もなお製品を販売し続けていたことだろう。

それで被害にあったのは旭化成の「へーベルハウス」、「へーベルメゾン(?)」だ。
その素材を使っているため、全ての製品の自主交換を余儀なくされた。
下記のページでそれについての説明が行われている。
へーベルハウスの問題についての広告

ニチアス株式会社はもう潰れるだろう。
株価の急激下落は免れない。
どの会社もこんな所と取引して欲しくない。
家と言えば、多くの人にとって人生の中で最も大きな買い物である。
建築業界も耐震偽造問題で激震があったのにも関わらず、見て見ぬ振りをしていたこの会社の神経は図太い。
家を買う予定の人は、この会社の製品を使っていないか確認した方が良いだろう。
たとえそれがまともな商品だとしても、体質がこんな状態では泣きを見る可能性がある。
痛い会社とは極力関係を持つべきではないと思う。

日本のなぁなぁ的丼勘定が今になって露見した。
明るみになったのが今であって、こんな事は何十年も前から起きている。
他の会社もまた同様である事は容易に推測出来る。
中国食品を批判していたが、日本も大して変わらないのである。
既にこの国に安全や信頼、信用の文字はない。

しかし、驚くべき事は国家試験担当者がそういった偽装を見抜けなかった事だ。
どこまでザルなのか?
製品のチェックや確認などはないのか?
それとも、裏金などで形式上の試験なのか?
そうだったとしても、もう驚かない。
裏金問題も有り得そうだ。



警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.30

アンチ電子レンジ派

実は3ヶ月位前から電子レンジを使っていない。

とあるサイトで「電子レンジで暖めた水では植物が育たない」というのを目にした。
電子レンジは超高速でマイクロ波をぶつける事で水分子を振動させて強引に熱発生させている。
こんなのって自然界に存在するのかな?
完全に想像の域ではあるが、分子レベルで人工的に手を加えてしまって大丈夫なのか?
水分子が突然変異する事ってないのかな?
こういう不確かそうな物質でガンになってしまったりしないのか?

そして電子レンジを使う事を止めた。
今は家では、蒸し器で暖めている。
水を入れてからご飯が完全に温まるまで6分位かかる。
仕方ない。
ヘルシオも相当時間がかかるし。
丁度良く暖めるとご飯も美味しい。

別に長生きにはこだわらないが、大きな病気にだけはなりたくない。
スポーツ出来ない体なんて最悪だし、糖尿病のように食事制限しないと痛い思いをするなら、気を遣う事を病気発生前にすれば良いだけだ。
タイミングを病気発生前にする事で、病気にもならないし好きな物も食べられるしスポーツも出来て活き活きと日々を過ごせる。
要はタイミング次第だ!
寿命にはこだわらないが死ぬまで健康体でいたい。



警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.27

ブッシュ大統領 核兵器使用問題

以前に書いた記事だ。
ブッシュ大統領による放射能汚染の実態

一人でも多くの人間に見てもらいたい。
アメリカという国が世界最大の核兵器使用国である事は揺るぎも無い事実だ。
しかし、各国も劣化ウランを使用した兵器を所有していると言う。
近代における戦争では放射能汚染を回避する事は難しいのだろうか?
戦地が常に放射能汚染される事は非常に脅威だと思う。
というのも、上記の過去記事における惨劇が各地で起こるとなると大変に恐ろしいからである。
永久的に悪夢と戦わなければならなくなってしまう。
考えるだけでゾッとする。
そして放射能物質は風に乗って隣国にも影響する。
チェルノブイリ原発事故も風の影響で隣国に多大な影響を及ぼした。

イラクの生態系に異変が起きているのではないか?と思う映像を見た。
まさにゴジラ化しているのか?と思ってしまう。
イラクの「ヒヨケムシ」は異常に巨大だ。
日本の「ヒヨケムシ」の容姿とはまるで違う。

イラクのヒヨケムシ

《youtube動画削除》

日本のヒヨケムシを写真で見た事があったが、2~3cm足らずの細い弱々しい小さな虫だった。
これが地域が生んだ自然な差なのかどうかはわからないが、放射能の対応しなければ生物は生きていけないのだから変化を遂げてもおかしくないだろうと思ってしまうしゴジラのように放射能が原因で突然変異してしまったのか?と思ってしまった。
実際はどうなのかはわからない。

<ちょいグロ注意>
こんな生物が住んでいる地域が嫌過ぎる

《youtube動画削除》


-----------------

訂正

以前どこかで見たサイトで日本のヒヨケムシを紹介していたので勘違いしてしまった。
日本にはどうやらヒヨケムシは生息していないようだ。
あのちっこいひょろいヒヨケムシはなんだったのか不明だ。
ヒヨケムシに関しては無意味な情報となったのでyoutubeの動画情報も削除します。
もし見たい人がいれば、下記のURLを辿ってみてください
1つ目の動画URL
2つ目の動画URL

 

警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.27

NOVA 会社更生法の適用

駅前留学でお馴染みの英会話のNOVAが、会社更生法の適用を申請した。

負債総額は7月末現在で約439億円。
全国の教室は一時休講が決定した。
NOVA側は週明けから経営再建の支援企業候補と交渉を始め、一カ月以内に決まらなければ破産手続きを取る方針。


こんな状況らしいが、破産手続きをした場合って受講生や講師たちはちゃんと保障受けられるのかな?
受講生は日本人だからまだ良いとして、講師たちは外国人だ。
日本は外国人の受け入れ態勢が遅れている。
次の雇用などは大丈夫なのか?
稼げないのであれば、生きるためには犯罪に手を染めてしまうだろう。
彼らは何ヶ月分の給料も受け取っていないそうだ。
家賃を滞納している講師もいると聞いた。
まずは講師たちの保障から乗り出して欲しいと思ってしまう。

NOVAは詐欺まがいの内容で受講生を集めていたそうだ。
前にも一度話題になったので、「あぁ遂に・・・」と思ってしまった。



警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

10.25

暴君ブッシュ大統領の横暴

20071025000038.jpg

イラクは大量破壊兵器は保有していなかったが、暴君フセイン政権から解放されたイラクに平和と治安回復をもたらした


このイカレ野郎は本気でイカれている。
こういう事を平気で言ってのける。
反吐が出る!!
以前、何度にも渡ってイラクについて記事を書いた。
この情報については1年以上前から知っていたが、実際書くかどうか悩んだ。
だが、書くべきだと思った。
劣化ウランを使用した兵器を大量に使用しているのは周知の通りだ。
強い放射能に晒され、さらに放射能を使用した施設も爆撃されたりでイラク国内のあちこちでは放射能汚染が深刻な状況だ。
放射能に被爆すると、どういう事が起きるか・・・

それはこのファイルを参照してほしい。
ブッシュのオヤジが利権目的で起こした湾岸戦争の悲劇の結果だが、今回ムスコが起こしたイラク戦争でも更なる悲劇が待っている。
もっと強烈なFLASHがあったが、ネット上から削除されてしまっていた。
貴重な情報源の消去ほど悲しいものは無い。
http://www.geocities.jp/wemustnotkill/main/DUtragedy.pdf
http://www.tgk.janis.or.jp/~blessing/REKKAURAN/lekkaulan.html


貴方の大切な子供がこのような状態になったらどう思いますか?
やっと生まれてきた我が子がこのような状態で絶命したらどう思いますか?
放射能の影響で愛している相手がこのような状態になったらどう思いますか?

放射能による被爆で、人間のDNAは破壊される。
一度破壊されると二度と元に戻る事はない。
一生こういう状態が続く事となる。
両親に物理的に被爆の影響がなくても既にDNAが破壊されている事になる。
その後、両親も日々少しずつ蝕まれていき、いつしかのタイミングで表面上に現れる事となる。

これは、この土地の動物をほぼ永久的に死滅させる事になる。
国内の奇形児発生率が3割を超えた時点で国として機能することは難しいだろう。
日本で例えるならば、1億5千万の3割は4500万人。
彼らはまず数日~数年以内に死に、その両親は永久的に正常な子供を産む事は出来ない。
さらに貧困による経済難で子供をまともに育てる事も難しくなるだろう。
この事実は超がつくほどのアメリカの情報収集能力でとっくの昔に明らかになっている。
アメリカ、いやブッシュ大統領はこういった事を平気で行っておいて、イラクの治安を改善させたと言っている。
混乱と無秩序化により治安など世界屈指の悪さを誇るだろう。
そして、ブッシュ大統領のローラ婦人はミャンマーに対しての横暴な政権を批判している。
どこまで自己中心的な種族なのだろうか・・・
もう言葉がない。

そしてアメリカ国内ではイスラム教徒の過激派による復讐を持ち出してテロリスト集団と言っている。
アメリカの余りの無能さに呆れる他ない。
復讐する理由があるはずに決まっている。
それを見ようともせずに、された事だけを持ち出してバカみたいに騒いでいるのがアメリカ人だ。
自分たちがやった事など関係ない。
された事だけを訴えて過激な報復合戦が得意なのは歴史が明らかにしている。
彼らに謙虚さや過ちを反省するという言葉はない。

だが、そんなアメリカを全力でバックアップしているのが日本という国だ。
ヨーロッパ諸国から非難の目で見られても不思議はない。
アメリカ同盟国の長を務めるイギリスではテロが何度か起きている。
過激派のテロリストが日本でテロを起こさないのが奇跡である。


警戒情報トラックバック(0)  コメント(1) 

    2007

10.08

地震

最近、やたらと関東地域の地震が多い!!!

しかもここ数日で2~3回は発生している。
俺の部屋は10階以上に位置するので家に居る時は程ほどに揺れる。
40階以上に住んでる人の家に遊びに行くと、軽い地震でも激しく揺れる!
ここ10年間の地震発生数と震度を記録している公式書類があったならば、恐らくここ1年間の発生頻度はグンを抜いていると思う。

そろそろ来るのかなー

新潟県は非常に悲しい事態に見舞われている。
いつ関東が同じ状況になってもおかしくないのだろう。

首相の諮問機関である「国会等移転審議会」が移転の候補地として、(1)宮城地域、(2)福島地域、(3)栃木地域、(4)栃木・福島地域、(5)茨城地域、(6)岐阜・愛知地域、(7)静岡・愛知地域、(8)三重地域、(9)畿央地域、(10)三重・畿央地域の10地域をあげている。

地震が少ない地域は日本にはないのだろうか?

警戒情報トラックバック(0)  コメント(0) 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。